ホーム
ご挨拶
県議会情報
お知らせ
県議団紹介
活動状況
議会について
入党について










定例会会期日程
代表質問
一般質問
今議会の論点事項
議会広報


自民党鹿児島県議会議員団
専用ファックス
FAX:099-286-3971

自由民主党ふれあいFAX
FAX:03-5511-8855

入党について

自由民主党本部

頑張ろう日本

首相官邸


HOME > 県議会情報 > 一般質問


年4回ある定例会において、自民党県議団を代表して当面する県政の重要課題について、代表質問を行っています。質問者は、予算を伴う第1回と第3回は2人、第2回と第4回は1人とし、質問時間は答弁を含め1人当たり120分以内となっています。また、一般質問の質問時間は答弁を含め1人当たり60分以内となっています。

令和2年 第1回定例県議会における自民党県議団の代表質問者及び一般質問者


代表質問者  藤﨑 剛 議員  日高 悟 議員  
一般質問者  田畑 浩一郎 議員  おさだ 康秀 議員  向井 俊夫 議員
 宝来 良治 議員  田中 良二 議員  米丸 まき子 議員
 寿 はじめ 議員  中村 正人 議員  柴立 鉄平 議員
 園田 豊 議員  山田 国治 議員  鶴丸 明人 議員

一 般 質 問

令和2年 第1回定例県議会における一般質問の主な質問内容は以下の通りです。

田畑 浩一郎 議員

CSF(豚熱)及びASF(アフリカ豚熱)対策について
 (1)発生状況とこれまで取られた対策について
 (2)野生イノシシのCSFウイルス感染状況について
 (3)野生イノシシからの侵入防止対策について
 (4)消石灰配布や消毒マット設置等について
 (5)ワクチン接種について

南薩縦貫道の整備等について
 (1)南薩地域の高速交通体系としての道路整備について
 (2)速度規制について

防災・減災対策について
 (1)防災・減災,国土強靱化の取組について
 (2)土木部所管のダムの堆砂対策について
 (3)土木部所管のダムの事前放流について
 (4)土木部所管のダム機能に関する情報提供について

ページトップ

おさだ 康秀 議員

知事の政治姿勢について
 (1)かごしま国体・かごしま大会の経済効果について
 (2)鹿児島ユナイテッドFCの専用練習場について
 (3)県主催のグラウンドゴルフ大会の開催について
 (4)新たな総合体育館の整備について(財源問題)
 (5)新たな総合体育館の理念について(規模・機能)
 (6)新たな総合体育館の候補地について(交通渋滞)
 (7)総合体育館基本構想策定事業について

新たな総合体育館のアンケート調査について
 (1)県民の声について
 (2)年代別、居住地別の内訳について
 (3)駐車場の確保について
 (4)体育館のコンセプトについて
 (5)県政モニターへの調査結果について
 (6)2カ所の候補地の近隣住民の意見について

児童虐待問題等について
 (1)児童虐待件数等について
 (2)児童福祉司の増員,児童相談所の設置について
 (3)児童福祉司スーパーバイザー、児童心理司、保健師の増員について
 (4)一時保護の体制強化について
 (5)児童家庭支援センター運営費補助事業について
 (6)学校・教育委員会における児童虐待の対応の強化について
 (7)児童虐待の早期対応へのネットワーク構築について
 (8)児童相談所虐待対応ダイヤル189について
 (9)オレンジリボン運動について
 (10)県独自での虐待防止対策について

高齢者の諸問題について
 (1)高齢者の人口推計について
 (2)高齢者の免許保有者数及び返納者数
 (3)高齢者の方々の交通確保について

谷山地区の交通安全対策について
 (1)山田インター周辺の交通安全対策について
 (2)中山小付近の交通安全対策について

ページトップ

向井 俊夫 議員

知事の新年度に向けての施政方針
 (1)新年度予算編成における最重点課題は。
 (2)最重点課題への予算配分と対前年度当初比は。
 (3)県の基幹産業の位置付けとその当初予算は。
 (4)令和元年10月の消費税アップ後の県内景況と消費者動向。又、今後の県内景気予測は。

韓国問題と新型コロナウイルス問題
 (1)県内各産業への経済的な影響と今年のかごしま国体・大会や各種イベント等への影響は。
 (2)両問題への救済対策とその予算は。

県内中小零細企業問題
 (1)後継者対策と事業承継
 (2)人手不足対策

奄美・徳之島の世界自然遺産登録
 (1)2018年の登録申請時の指摘事項は全てクリア出来ていると考えられるのか。
 (2)沖縄県との連携は。
 (3)奄美群島各島々のトレイル構想と進捗状況は。
 (4)世界自然遺産登録による奄美群島への想定以上の来島客も考えられるが、その対策と自然環境
   保全をどう考えるか。

ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅について
 (1)「スポーツ観光王国かごしま」への果たす役割と方向性
 (2)競技種目と広報・PR・誘致キャンペーンは。
 (3)県内地元利用者と県外利用者の想定人数は。
 (4)鹿屋体育大学の活用と連携は。
 (5)合宿チーム等の宿泊数規模と民間との連携は。

ページトップ

宝来 良治 議員

新しい総合体育館について
 (1)体育施設とアリーナ施設の違いと県の求める新たな総合体育館の在り方について
 (2)定期的に行われているイベントの種類と日数
 (3)誘致が考えられる全国・世界大会の規模
 (4)建設後のイベントスケジュールの決定方法
 (5)シャトルバスの可能性
 (6)イベント終了後の一斉帰宅時の交通状況について
 (7)ネーミングライツについて

スポーツ振興について
 (1)世代毎の施策について
 (2)スポーツ人口について
 (3)スポーツ施設及び多目的運動広場の整備状況について
 (4)幼児・少年期のスポーツ体験が及ぼす影響について
 (5)生涯スポーツの啓発について
 (6)スポーツキャンプ誘致への温泉の活用とコンディショニングサポート人材の活用について

幼児教育について
 (1)いわゆる「森のようちえん」の評価について
 (2)自然教育を行う幼児教育・保育施設等の認証制度の導入の考えについて
 (3)いわゆる「森のようちえん」への支援策について
 (4)無償化後の待機児童数について
 (5)無償化後の認可外保育施設数について
 (6)保育所利用調整業務へのAI導入について

重度心身障害者窓口医療費無料化について
 (1)国保の減額調整措置の考え方について
 (2)乳幼児医療給付制度開始後の医療費の伸びについての認識について
 (3)子ども医療給付制度による対象拡充について
 (4)拡充による国保の減額調整措置とその額の見込みについて
 (5)課税世帯の未就学重度心身障害児の窓口負担ゼロの可能性について

新型コロナウイルス対策について
 (1)県内で1例でも発生した場合の対応について
 (2)対応医療機関及び検査体制の拡充について
 (3)クルーズ船寄港時の対応について
 (4)パンデミック時の対応について
 (5)学校において感染症が出た場合の対応について

ページトップ

田中 良二 議員

Society5.0への先駆的対応について
 (1)Society5.0に係る基本認識について
 (2)新年度の対応方針、実施事業について
 (3)SDGs(持続可能な開発目標)との関係性について

持続可能な財政構造の構築について
 (1)平成30年度一般会計(当初予算と決算)における性質別一般財源について
 (2)令和2年度一般会計当初予算における性質別一般財源について

産後ケア事業の法制化について
 (1)改正母子保健法の内容と意義について
 (2)実施市町村に対する国の支援内容等について

離島振興について
 (1)特定有人国境離島地域社会維持推進交付金の拡充について
 (2)甑島の振興について

新たな総合体育館について
 (1)総合体育館の基本構想策定について
 (2)県庁東側の県有地8,240屬砲弔い

ページトップ

米丸 まき子 議員

鹿児島県のブランディング、観光・県産品のPRについて

「鹿児島ブランドショップ」と「かごしま遊楽館」のそれぞれの役割について

鶴丸城御楼門完成を生かした黎明館への誘客の取組について

「歴史資料センター黎明館」の目指すべき姿について

県庁知事部局内での男女共同参画の取組について

鹿児島県庁行政庁舎18階の今後の利用方針について

ページトップ

寿 はじめ 議員

少子超高齢化に起因する諸問題に対する対策
 (1)財政面で2050年度までに推測される状況、そこから見る今後の国の動向と県の対応策(特に、
   高齢者が増えることでの、福祉、医療、行政サービスに関して)
 (2)知事のこれまでの成果、今後の取組と県政の展望(再確認、住民税非課税世帯の小学生、中学生、
   高校生までの窓口医療費無償化の拡充)
 (3)人口減少(子育て支援、働き方改革、出会い、結婚、妊娠、出産支援)
   ・生産年齢人口流出に対する取組、特に女性生産年齢人口流出に対する取組
   ・人手不足、担い手不足、人材育成に対する取組
   ・働き方改革に対する現状と課題、また課題に対する取組
   ・建設業における担い手育成
   ・交通誘導員不足の対応
   ・農業の繁忙期と重なる年度末の県事業の発注の在り方
   ・奄美群島の港湾事業における県の発注2社JV型の入札制度のあり方
 (4)過疎地域に対する取組、これまでの成果、今後の見通し

不動産活用に関して
 (1)所有者不明の土地
   ・農地利用(改正基盤法)
   ・その他(所有者不明土地法)の活用
 (2)空家対策 ・ 空き家バンクの活用状況
   ・農地付き空き家について

教育
 (1)学校統廃合に関する県の考え方と今後の見通し
 (2)子ども貧困層増加に対する県の考え方と取組
 (3)子ども・若者育成支援推進法に基づく県の取組
 (4)新たな科、学部等の創設に関する県の考え方、県としての新設の有無もあわせて

農業振興に関して
 (1)さとうきびハーベスター作業料金助成に対して県の考え方
 (2)堆肥利用に係る耕畜連携への考え方、取組事例
 (3)農薬の登録の仕組み
 (4)農福連携に関しての動向
 (5)高齢者が取り組めるスマート農業について

ページトップ

中村 正人 議員

道路行政について
 (1)国分霧島線(60号)霧島田口の道路改良
 (2)国道223号牧園町の道路改良
 (3)川西菱刈線(448号)湧水町の道路の維持管理
 (4)国道223号隼人町姫城の交差点改良
 (5)隼人港線隼人町真孝の渋滞対策

無電柱化について
 (1)街路川跡線(国分霧島線)国分中央三丁目の無電柱化

教育行政について
 (1)教育振興基本計画におけるキャリア教育のインターンシップとは何か。
 (2)近年三か年の中・高校でのインターンシップの実施率はどうか。それぞれどの学年で、どのくらい
   の期間で行っているのか、また、どのような事業所にお願いしているのか。
 (3)インターンシップ中のネットトラブルや事案など、依頼している企業等において問題があった
   場合、誰に責任があり、どのような対応をするのか。また、教育委員会への報告はなされるのか。
 (4)インターンシップにおける事前指導と事後指導は、どの程度の内容と時間を費やしているのか。
 (5)依頼している企業等と学校との連携・協働は、どのようになされているのか。
 (6)文科省がスマートフォンや携帯電話の持ち込みを見直すとしているが、現在、小・中・高校
   のスマートフォンや携帯電話の取り扱いはどのようになっているのか。
 (7)学校ネットパトロール事業や近年の学校などでのネットトラブルにはどのようなものがあるか。
 (8)学校やそれに準ずる活動における生徒のスマートフォン使用・利用の規定を徹底すべきでは
   ないか。

ページトップ

柴立 鉄平 議員

南国鹿児島、夏期の「はたらく環境」と「まなぶ環境」について
 (1)昨夏感じた行政庁舎と議会庁舎のちがいについて
 (2)庁内環境の改善による先行事例をふまえた「働き方改革」と「行財政改革」の可能性について
 (3)県有施設の環境について

学校のICT環境の抜本的改善について

旧木材港区の埋立について

新型コロナウイルス感染症による県内企業への支援について

ページトップ

園田 豊 議員

国民健康保険制度について
 (1)本県の保険料水準統一に向けての方向性並びに目標年度・課題等について

感染症対策について
 (1)本県の感染症防止に向けた課題と取組状況は。
 (2)感染症拡大による本県経済の影響と対策は。
 (3)県内の各保健所の役割と関係機関との連携は。

生活排水対策について
 (1)本県の単独処理浄化槽の設置状況と合併処理浄化槽への転換に対する取組状況は。
 (2)本県の法定検査の受検状況と受検率向上の取組は。
 (3)本県の効率化検査の概要は。
 (4)法定検査の必要性について県民への周知・啓発への取組は。

警察関係について
 (1)警察職員宿舎の現状と整備方針について
 (2)県警察官における今後の人材確保方策について

養蜂業の振興について
 (1)本県養蜂業の現状と養蜂業推進の取組について
 (2)ポリネーション(花粉交配)に対する県の見解と活用状況について
 (3)蜜蜂に対する病害虫及び農薬の被害防止対策について

ヤンバルトサカヤスデ対策について
 (1)県内のヤンバルトサカヤスデの発生状況は。
 (2)県としてのまん延防止対策の取組と各市町村との連携
 (3)撲滅に向けた国への要望は。

日本遺産認定について
 (1)日本遺産認定に向けた現状と県としての考え方は。

南薩の振興対策について
 (1)新広域道路交通計画の策定における薩摩半島横断道路の具体的な検討状況は。
 (2)老朽化した加世田保健所の庁舎整備への取組は。

ページトップ

山田 国治 議員

栗野工業高等学校跡地の売却について

全国和牛能力共進会鹿児島大会の会場へのアクセス方法について

東九州自動車道に係る4車線化の取組について

河川に堆積している土砂の除去について

県道比曽木野福山港線の災害復旧について

新たな総合体育館の整備について

ページトップ

鶴丸 明人 議員

新たな総合体育館の整備について
 (1)体育館整備費と財源について
 (2)基本構想策定について
 (3)アンケート調査と建設場所について

鹿児島港本港区エリアまちづくりについて
 (1)事業者との契約に係る支援業務委託について
 (2)経済関係団体からの要望と対応について
 (3)ドルフィンポート跡地の暫定活用について

持続可能な行財政構造の構築について
 (1)財政の健全化について
 (2)行政のスリム化について

職員とのコミュニケーションについて

知事の退職手当について

職員の手話研修について

卓上型会話支援機器(コミューン)の評価と今後の対応について

栗野工業高校跡に立地予定の木材加工施設について

県道103号(栗野停車場えびの高原線)の整備促進について

鹿児島空港将来ビジョン実現事業について

臨空団地の活用について







自民党鹿児島県議会議員団
〒890-8577 鹿児島市鴨池新町10-1
電話:099-286-2111 内線5071  /  FAX:099-286-3971


本ホームページの画像、データ等許可なく使用、複製、配布などをすることはできません。
また、それらに関し、無断で修正、変更、改変などをすることは固く禁じます。


COPYRIGHT 1998 (C) Liberal Democratic Party of Kagoshima Prefectual Assembly All rights reserved.