ホーム
ご挨拶
県議会情報
お知らせ
県議団紹介
活動状況
議会について
入党について










定例会会期日程
代表質問
一般質問
今議会の論点事項
議会広報


自民党鹿児島県議会議員団
専用ファックス
FAX:099-286-3971

自由民主党ふれあいFAX
FAX:03-5511-8855

入党について

自由民主党本部

頑張ろう日本

首相官邸

自民ショップ


HOME > 県議会情報 > 一般質問


年4回ある定例会において、自民党県議団を代表して当面する県政の重要課題について、代表質問を行っています。質問者は、予算を伴う第1回と第3回は2人、第2回と第4回は1人とし、質問時間は答弁を含め1人当たり120分以内となっています。また、一般質問の質問時間は答弁を含め1人当たり60分以内となっています。

平成29年 第3回定例県議会における自民党県議団の代表質問者及び一般質問者


代表質問者  寺田  洋一  議員  堀口  文治  議員  
一般質問者  向井  俊夫  議員  中村  素子  議員  田畑  浩一郎  議員
 禧久  伸一郎  議員  瀬戸口  三郎  議員  永田  憲太郎  議員
 田中  良二  議員  大園  清信  議員  酒匂  卓郎  議員
 桑鶴    勉  議員  鶴薗  真佐彦  議員  鶴丸  明人  議員

一 般 質 問

平成29年 第3回定例県議会における一般質問の主な質問内容は以下の通りです。

向井  俊夫  議員

台風第5号について
  (1)8月3日、4日、5日の台風第5号による本県全体の被害額と奄美群島の被害は
  (2)台風第5号などの大雨に対して、災害予測ができた箇所もあったのではないか
  (3)奄美市住用総合支所前の国道58号の冠水は、今後どのような対策をするのか。特に緊急車両の対応は
      どうするのか
  (4)奄美市朝戸集落の床上・床下浸水は、毎回のことで、県管理の2級河川、大川の増水氾濫によるものと
      考えられるが、今後の対策はどのようにするのか

観光鹿児島、奄美群島の今後の在り方
  (1)観光立県を目指す本県において、まず基本的なことは何が考えられるか
  (2)観光において「おもてなし」の言葉がよく使われるが、 基本的に何が大切なことなのか
  (3)来年のNHK大河ドラマは「西郷どん」と決定したが、前回の「篤姫」と比較したとき、県内への経済効果は
      どのように変わると思われているか
  (4)奄美空港ターミナルビルの増床改築の進捗状況は、予定通りに進んでいるのか。また、完成前までに
      供用できる設備はあるのか
  (5)先日、奄美空港で車イスのお客様への対応が問題になったが、その後、航空各社の対応はどのように
      なったのか

名瀬港の現状と今後の対策
  (1)旅客定期船バースの改良工事の進捗状況と完成年度はいつか
  (2)名瀬港観光船バースにおける10万トンクラスのクルーズ船対応を今後どのように考えているのか。
      また、せめて10万トンクラスの接岸を可能にするにはどうすれば良いのか
  (3)国土交通省港湾局の調査で、大型クルーズ船島しょ部での寄港地候補として、奄美大島・徳之島の9ヶ所
      の地名があげられたが、本県としては今後どのように対処していくのか
  (4)以前、名瀬港長浜地区の港内の静穏化の陳情があがっていたが、その後、静穏化は図られたか

奄美市名瀬のおがみ山バイパス事業
  (1)国道58号線おがみ山バイパス事業の予算が凍結され、用地買収も8割程度完了しているが、トンネル工事
      は未着手で中断している。県の再開に向けた考え方について伺う

ページトップ

中村  素子  議員

高等学校教育等における合理的配慮について
  (1)高等学校における特別支援教育推進のための拠点校整備事業について
  (2)入学選抜試験での合理的配慮に対する県の基本姿勢について
  (3)県立高校の入試における合理的配慮の実績等について
  (4)来年度入試における配慮の状況等について
  (5)今後多様化する配慮内容への対応について
  (6)進学後の配慮について
  (7)私立高校入試での配慮について
  (8)県立短大、農業大学校における配慮の状況について

新たな地域福祉政策について
  (1)「『我が事・丸ごと』の地域づくり」について
  (2)「多機関の協働による包括的支援体制」について
  (3)国の取組に対する県の認識と果たす役割について

高齢者ドライバーの免許更新等について
  (1)高齢者講習担当職員の具体的役割について
  (2)ブレーキ・アクセル踏み間違いへの対策について
  (3)認知症ドライバーの事故防止対策について
  (4)高齢者へのドライブレコーダー貸出制度について

ばれいしょの種芋生産について
  (1)線虫被害の状況と本県への侵入の可能性について
  (2)県農業開発総合センターにおけるばれいしょ研究等について
  (3)「植物防疫法」の解釈について
  (4)種芋生産を他県に依存している現状の認識について
  (5)種芋の自給体制確立に対する県の見解について

ページトップ

田畑  浩一郎  議員

気候変動の影響への適応計画について
  (1)適応計画の策定進捗状況について
  (2)7つの分野別に、本県において特に重点を置く小項目について
  (3)7つの分野において、特に重点的に対応すべき分野について
  (4)計画に盛り込まれた適応策の推進体制と実行について

森林環境税(仮称)について
  (1)市町村の森林整備費を賄うため、政府、与党が検討している「森林環境税」について、全国知事会が都道府県
      への役割に応じた税収の配分を求める提言を採択しているが、本県の採択に対する見解について
  (2)本県で既に導入している森林や水源の保全を目的とした県税である森林環境税との整合性について

道路管理について
  (1)せり出している樹木の高枝等の対策について
  (2)ブロック塀の倒壊対策について

ページトップ

禧久  伸一郎  議員

新たな「県政ビジョン」策定の考え方について
  (1)前県政「かごしま将来ビジョン」の評価・違いと特色と継続施策の視点
  (2)世界自然・文化遺産の位置付

県財政再建と持続可能性に向けて
  (1)これまでの「行財政改革」評価・持続可能な行財政構造の構築と県の地方創生総合戦略の進捗状況
  (2)収入未済額の回収・未然防止の取組

喜界町集中豪雨災害対策について
  (1)被害状況、災害救助法・被災者生活再建支援法の適用の可否及び適用基準の見直し
  (2)暗渠等の設計及び改修
  (3)耕地関係被害に係る激甚災害指定の要件・効果・制度基準改正見直し

奄美・世界自然遺産登録に向けた道路整備について
  (1)自然遺産地・国立公園への取付道路の位置付・危険箇所 調査・改修
  (2)スーパー林道整備
  (3)スーパー林道を起点とした、大和村・住用町側への道路整備

「飲酒運転」の現状と課題、解決に向けた取組について
  (1)飲酒運転交通事故の状況・提供者刑罰
  (2)関係団体機関連携対策と企業の広報・啓発活動状況

ページトップ

瀬戸口  三郎  議員

知事の政治姿勢について
  (1)一年経過しての、本県の課題と抱負について(財政面を含め)

本県の担い手確保について
  (1)専修学校の認識
  (2)非正規雇用労働者等の長期高度人材育成コースの創設について
  (3)専門職大学、短大について
  (4)外国人技能実習生について

畜産振興について
  (1)日本一の評価と今後5年間どのようにいかすのか伺う
  (2)次期鹿児島大会への決意
  (3)県肉用改良研究所の種雄牛と研究費について
  (4)酪農振興について

林業振興について
  (1)林業成長産業化地域創出モデル事業について
  (2)治山事業について

曽於保健医療圏の医療確保対策について
  (1)曽於の医療確保に対する県の認識

道路行政について
  (1)一般県道の改良について

ページトップ

永田  憲太郎  議員

財政問題
  (1)基金について

特別支援教育
  (1)発達障害の可能性のある児童・生徒の実態について
  (2)指導支援の充実について
  (3)「免許法認定講習」について
  (4)今後の取組について

甲突川環境整備
  (1)岩崎橋から梅ヶ淵橋の散策路整備及び飛び石工整備について
  (2)環境未来館前のビオトープ整備について
  (3)比志島川滝周辺の整備について

給排水申請書類等の県内統一について

ページトップ

田中  良二  議員

明治維新150周年に向けた県政の展開について
  (1)明治維新に対する基本認識について
  (2)麓、城(山城)の保存活用について

鹿児島国体、全国障害者スポーツ大会に向けた取組について
  (1)推奨花について
  (2)樹木、遊具の管理について
  (3)競技施設のバリアフリー化について
  (4)HACCPへの対応について

付属機関と私的諮問機関の在り方について
  (1)政策、計画の検討・策定体制の区分について
  (2)付属機関と私的諮問機関の設置基準等について
  (3)女性委員について

エネルギーパークについて
  (1)エネルギーパーク化構想の内容と今後の展開方針について
  (2)川内川アクアフロントのエネルギーパークについて

シラスの利用推進について
  (1)県工業技術センターにおける研究の経緯と成果について
  (2)製品例と施工例について
  (3)県内企業の取組と商品の流通状況、推奨方針について
  (4)県事業への利用状況について

ページトップ

大園  清信  議員

知事の政治姿勢について
  (1)知事と鹿児島市長との信頼関係について
  (2)県有財産(未利用地)の売却について

保健・福祉行政について
  (1)救急医療の現状と救急クリニック開設について

教育行政について
  (1)特別支援教育の現状と課題について
  (2)鹿児島市南部地域の特別支援学校整備について

土木行政について
  (1)山田インターフルインター化の整備課題と今後の対応について
  (2)県道小山田谷山線の整備状況と今後の見通しについて
  (3)旧南港周辺の環境整備について

警察行政について
  (1)ゼブラマーク設置の考え方及び導流帯の見直しについて

ページトップ

酒匂  卓郎  議員

「県民の日」の制定について

鶴丸城の復元について

新たな県政ビジョンの策定について

マニフェストの検証と見直し・修正について

環境美化の取組について

姶良家畜保健衛生所等の移転・整備について

林業の振興について

かごしま材の利用拡大について

帖佐駅からイオンタウン姶良へ向かう県道の歩道整備等について

国道10号の整備について

県道伊集院蒲生溝辺線の整備について

県道十三谷重富線の整備について

ページトップ

桑鶴    勉  議員

エネルギー政策について
  (1)再生可能エネルギー発電の抱える課題など
  (2)ベースロード電源に対する考え方

成長可能性都市ランキングに関して

有機農業について
  (1)県有機農業計画
  (2)現状と方向性
  (3)自然農法に対する見解
  (4)自然農法耕作に対する農地確保について

宜蘭県との相互交流について

アスベスト対策について

新型インフルエンザ対策について

鹿児島養護学校跡地の活用について

ページトップ

鶴薗  真佐彦  議員

新たな県政ビジョン「骨子」案について
  (1)時代の潮流と鹿児島の現状・課題の捉え方
  (2)施策展開の基本方向
  (3)ビジョン実現のために具体的な施策・事業の推進

特定有人国境離島地域の地域社会の維持に関する県計画(案)について

持続可能な畜産振興の立場から
  (1)県獣医師会との連携について
  (2)県職員獣医師の確保対策について
  (3)鹿児島大学共同獣医学部との連携について

がん対策の推進に向けた取組について

ページトップ

鶴丸  明人  議員

観光による地域振興について(湧水町)
  (1)霧島アートの森について(入園者の動向、今後の対応等)
  (2)魅力ある観光地づくりについて(整備方針、栗野岳温泉「八幡大地獄」の観光資源等)
  (3)県道103号(栗野停車場えびの高原線)の整備について
       ・供用区間の今後の改良について
       ・未供用区間(3.5km)の整備促進について
鹿児島港本港区(ドルフィンポート敷地を含む)エリアの整備について
  (1)プロポーザル対象業者の選定について(選定委員、委員長、県内の事業者を除いた理由)
  (2)最優秀提案者として八千代エンジニヤリング(株)を選定した経緯等について(審査会のメンバー、会長、
      八千代エンジニヤリングの実績、選定に至る経過)
  (3)今年度の進め方について(県とコンサルタントの役割分担及び調査検討の成果物)
  (4)今年度成果を踏まえ、次年度の県としての取組について
  (5)サッカースタジアム等スポーツ施設を除いたことについて(いつの時点で誰が決めたのか)
  (6)鹿児島市との調整について(サッカー等スタジアム整備検討協議会との整合性)
知事の政治姿勢について
  (1)県政一年を振り返って(マスコミの評価記事)について
  (2)新たな県政ビジョンについて
       ・策定に対する知事の熱意について(財源に対する認識)
       ・増田寛也委員への期待について
       ・PDSAの位置づけについて
       ・鹿児島空港の民営化について
       ・明治維新150周年を記念しての人づくりについて
       ・地域編策定について






自民党鹿児島県議会議員団
〒890-8577 鹿児島市鴨池新町10-1
電話:099-286-2111 内線5071  /  FAX:099-286-3971


本ホームページの画像、データ等許可なく使用、複製、配布などをすることはできません。
また、それらに関し、無断で修正、変更、改変などをすることは固く禁じます。


COPYRIGHT 1998 (C) Liberal Democratic Party of Kagoshima Prefectual Assembly All rights reserved.